人気ブログランキング |

京都・伏見(その2) 伏見京橋・寺田屋界隈

酒蔵を抜けて、三十石舟の発着地だった南浜の船宿、寺田屋を訪ねる・・・この地図、よう解りまへんやろ
b0104092_1105654.jpg

これは、観光用の十石舟で、水上から伏見の町を楽しめる、今は柳の緑と、散りゆくさくらですね
b0104092_10552737.jpg

長建寺から、てくてく橋を渡って月桂冠酒蔵へ辿ります、ほんま綺麗な建築で見てて飽きません。 角を曲がると右手遠くに寺田屋が見えてきます
b0104092_1193466.jpg
木戸銭払って、・・おこしやす・・
b0104092_1119893.jpg
b0104092_1123065.jpgこの参観券、土佐藩の藩札の写しやそうです
b0104092_11282227.jpg
多くの志士達を助けた寺田屋女将、お登勢の部屋・若き志士達と、なにを語ったんでしょうね
b0104092_112948.jpg
坂本龍馬が上洛の折使っていた部屋
b0104092_1129405.jpg
慶応2年、龍馬が捕り方に襲われた時の刀傷が、部屋の入り口の柱に、くっきり残っている
b0104092_1147185.jpg

愛人お龍が、襲撃を報せに、風呂から裸で駆け上がった裏階段・狭くて、急勾配です
b0104092_23284558.jpg

今も、心に響く龍馬の心意気
b0104092_11503819.jpg
此処は、今も素泊まりのみの営業をしてます。予約が要りますが、一泊¥6.500-です。
龍馬通り商店街に 「九里九馬」 と言うjazzの流れる喫茶店がある、アンティ-クな空間は気持ちよく疲れを癒してくれる
b0104092_23434359.jpg
伏見にきたら、必ず寄ってみてね!私めの伏見の散策は、一杯の珈琲と音楽で終わりとなりました。
by jxkuramo007 | 2007-04-05 10:55 |  ぶらり・京 都
<< 絵手紙 (君 子 蘭)70  京都・伏見 (その1) 柳の新緑 >>